セフレでも紳士な態度で

セフレを求めているからと言って開口一番下ネタでせめてセックスセックスなぞと言い張るのは芸がありませんし、
相手も良い印象はあなたに抱きません。

結局セフレであっても通常の恋人関係であっても大事なのは、その根源にあるのはお互いがお互いに寄せる信頼関係であるでしょう。
果たして下ネタ連発でその源泉となりえる信頼関係を築くことが出来るでしょうか。

信頼関係を築くにはまず必要なことは紳士的で誠実な態度であります。
挨拶から入り、プロフに記載されていた一通りの文章に触れ、謙譲の言葉にて相手を敬い、メッセージを交わす。
こうしたプロセスはセフレを創るに最低限の条件です。
紳士であることで必ずしもセフレを創ることができるわけではないですが、しかし紳士でなければセフレを創る条件はいつまでたっても醸成されえない。

非常にまどろっこしいプロセスですが、結局女心というものはセフレであろうが純潔な恋人関係であろうが、紳士的で誠実な心意気に徐々に溶けていくものであるということなのです。

だから忍耐が必要です
どれだけ返信が遅くても、意にそぐわぬメッセージが来てもそれでたちどころに嫌気がさしてはいけません。
そうした相手のジラシ行為も一種成功にいたるまでのプロセスであると認識し耐えましょう、我慢しましょう。
その先にはきっと輝かしい光、未来が満ち溢れているのですから。
そしてその未来を勝ち得たときにはあなたは今よりも一段上の男性、非常にエレガントな作法を身に着けた大人の男性になっていることでしょう。

2012年6月25日

このページの先頭へ